亜樹の 萩尾望都作品 感想日記

*ポー復活で舞い戻ってきたファンがゆっくり綴ります。ネタバレご了承ください

ごあいさつ

ごあいさつ

私が萩尾作品に出逢ったのは中学に入る前の春休み。萩尾先生の熱烈なファンである友人にフラワーコミックスの「トーマの心臓」第2巻を読ませてもらったのが最初でした。 それは衝撃でした。12歳にはまだ難しかったけれどなぜか引き込まれ、読み終えた時には…