亜樹の 萩尾望都作品 感想日記

*盛大にネタバレしております。記事を探すにはトップのカテゴリー一覧からどうぞ 

記事(21)に追記しました

ヨハンナスピリッツについてドイツ在住の方からコメントを頂きましたので追記しました。結論は間違いではなかったようです。 (21)ヨハンナスピリッツのパイの謎https://mimosaflower.hateblo.jp/entry/2017/11/03/135231

(67)「秘密の花園 Vol. 2」

★思い切りネタバレしております。ネタバレNGの方は申し訳ありませんが作品をお読みになってから、ぜひまたいらしてくださいね ♪ 待ちに待った「秘密の花園」の連載が再開されましたね!Vol. 1 から1年ちょっと。嬉しいですね~ ♪ では早速、恒例の『flowers…

記事(30)(33)(35)に画像を追加しました

「ポーの一族」イラスト集に画像の追加と追記をしました。どうぞご覧くださいませ。 (30)予告・表紙・合同扉絵④●「小鳥の巣」第2話予告カット+完全バージョン(テオ)https://mimosaflower.hateblo.jp/entry/2018/03/02/153107 (33)予告・表紙・合同扉…

(66)「ポーの一族 番外編 月曜日はキライ」

先日発売された『flowers』7月号に「ポーの一族」の4ページの番外編「月曜日はキライ」が掲載されました。番外編とはいえ「秘密の花園 Vol. 1」から1年ぶり。それにポーシリーズの番外編は初めてで(「はるかな国の花や小鳥」は番外編ではないと思うので)、…

(65)『萩尾望都 作画のひみつ』

このたび新潮社より『萩尾望都 作画のひみつ』が刊行されました。カバーはこちら。 表側のイラストから察せられるように、この本は昨年の『芸術新潮』7月号の特集を増補・再編集して1冊に仕立てたものです。(『芸術新潮』については別の記事にまとめていま…

(64)「ルルとミミ」「すてきな魔法」~デビュー作と2作目

1969-73年作品の感想シリーズ、今回は萩尾先生のデビュー作「ルルとミミ」と2作目の「すてきな魔法」です。「ルルとミミ」は『なかよし』69年夏休み増刊号に、「すてきな魔法」は同69年9月号増刊に掲載されました。 2010年に出版された『文藝別冊 総特集 萩…

(63)「11月のギムナジウム」~もうひとつの「トーマの心臓」

今月は少々出遅れてしまいました。もし何度か来てくださった方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。 さて、1969-73年作品シリーズ、今回は最近「トーマの心臓」関連の記事が続いたこともあり「11月のギムナジウム」の感想を書いてみたいと思います。 …

(62)オスカーの系譜を辿ってみました

「トーマの心臓」のオスカーと言えば、ハンサムでカッコよくて頭もよくて機転がきいて統率力があって、しかも優しくて頼りになって…(以下エンドレス)とにかく魅力的なお方ですね。 (『萩尾望都パーフェクトセレクション2 トーマの心臓Ⅱ』2007年 小学館よ…

記事(61)に追記しました

「トーマの心臓」主要キャラクターの誕生日の由来を追記しました。 (61)「トーマの心臓」イラスト集② - 亜樹の 萩尾望都作品 感想日記

(61)「トーマの心臓」イラスト集②

「トーマの心臓」連載時のイラスト集の続きです。時系列で並べていますので前半をご覧になっていない方はこちらからどうぞ。 (60)「トーマの心臓」イラスト集① - 亜樹の 萩尾望都作品 感想日記 *特に記載のない限り出版元は小学館です。*古い雑誌のコピ…

(60)「トーマの心臓」イラスト集①

遅ればせながら明けましておめでとうございます。今月は新年のごあいさつ代わりに(?)「トーマの心臓」連載時のイラスト集をお届けいたします。時系列で並べて前半・後半に分けました。どうぞお楽しみください ♪ *特に記載のない限り出版元は小学館です。…

記事(21)に追記しました

ヨハンナスピリッツのパイの正体について新たなコメントを頂いたので追記しました。これで一件落着? (21)ヨハンナスピリッツのパイの謎 - 亜樹の 萩尾望都作品 感想日記

(59)「モードリン」「花嫁をひろった男」~映画みたいなサスペンス

1969-73年作品、今回はサスペンス2編です。まずは私が特に好きなこちらから! ■■■■■■■■■■■■ 「モードリン」 ■■■■■■■■■■■■ (『萩尾望都作品集2 塔のある家』1995年 小学館より。以下同) こちらは『週刊少女コミック』1971年29号に掲載された40ページの作品…

(58)「ベルとマイクのお話」「ママレードちゃん」~不器用な初恋物語

萩尾先生がデビューされた1969年から73年までの作品を感想を交えつつご紹介するシリーズ、久々に再開です。はじめは自分が特に好きな作品をピックアップして書くつもりだったのですが、好きな作品が多過ぎて結局全部ご紹介することにしました。たびたび中断…

(57)フラワーコミックススペシャル『ポーの一族 ユニコーン』

イベント続きで後回しになってしまいましたが、7月に小学館より「ユニコーン」のコミックスが刊行されました。 皆様、もうとっくに読まれたことでしょう。コミックス版『春の夢』と同様に全扉絵収録、表紙の絵や予告カットもほとんど載っていて嬉しいですね…

(56)「ポーの一族展」の「宝塚歌劇の世界」ゾーン

先日、松屋銀座で大盛況のうちに幕を閉じた「デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展」。前の記事にレポートを書きましたが、「Ⅱ 宝塚歌劇の世界」ゾーンについては飛ばしていましたので改めてこちらで。 ここは昨年宝塚で上演された「ポーの一族」を紹介…

(55)松屋銀座「デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展」に行ってきました

今年は萩尾先生のデビュー50周年。大規模な原画展を開いてほしいなあと願っていたところ、嬉しいことに実現しました。「デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展」。タイトルを見るとポーだけかなと思いますが、「トーマの心臓」をはじめとする他の作品の…

(54)2019年7月の女子美術大学特別講演に行ってきました

女子美術大学では毎年7月にオープンキャンパスの一環として同大学の客員教授である萩尾先生の特別講演を行っています。今年も7月15日(海の日)に開催されましたので、私も友人と一緒に初めて聴講してきました。会場は東高円寺の杉並キャンパス。予定時間は1…

(53)『芸術新潮』2019年7月号

毎月10日頃までの更新を(一応)目指しているこのブログですが、今月はすっかり遅くなってしまいました。 もうご覧になった方も多いと思いますが現在発売中の『芸術新潮』7月号(新潮社)は萩尾先生の特集です。「画業50周年記念 大特集萩尾望都 少女マンガ…

記事(21)に追記しました

ヨハンナスピリッツの正体についてコメントを頂きましたので追記しました。「オスカーが注文したヨハンナスピリッツのパイって、どんなパイ?」と気になる方はぜひどうぞ! (21)ヨハンナスピリッツのパイの謎 - 亜樹の 萩尾望都作品 感想日記

(52)「秘密の花園 Vol. 1」

★今回も思い切りネタバレしております。ネタバレNGの方は申し訳ありませんが作品をお読みになった後で、ぜひまたいらしてくださいね ♪ それは『flowers』2019年7月号の発売日のこと。「さあ、今日は『ユニコーン』の続きが読めるぞ~ ♪」と足取りも軽く書店…

記事(32)に追記しました

宝塚「ポーの一族」のブルーレイとライビュの演技の違いについて追記しました。原作の「おぼえてるよ 魔法使い」と「だれにものを言ってるんだ え?」の場面の画像も載せました。ご興味のある方はどうぞ。 (32)宝塚「ポーの一族」ライブビューイングを観て…

(51)「ユニコーン Vol. 4 カタコンベ」

★今回も思い切りネタバレしております。ネタバレNGの方は申し訳ありませんが作品をお読みになった後で、ぜひまたいらしてくださいね ♪ 「ユニコーン Vol. 4」、今号は私にとって「やっぱりそうか!」と「こう来たか!」の回でした。まずはいつものように扉絵…

記事(24)(30)(43)に画像を追加しました

「ポーの一族」イラスト集に画像を追加しました。どうぞご覧くださいませ ♪ (24)綴じ込み付録①★メリーベルの暑中見舞★クリスマスカード (24)「ポーの一族」イラスト集~綴じ込み付録① - 亜樹の 萩尾望都作品 感想日記 (30)予告・表紙・合同扉絵④★「小…

(50)「ユニコーン Vol. 3 バリー・ツイストが逃げた」

★思い切りネタバレしております。ネタバレNGの方は申し訳ありませんが作品をお読みになった後で、ぜひまたいらしてくださいね ♪ 8か月ぶりに連載が再開された「ポーの一族 ユニコーン」、皆様もう読まれましたでしょうか。私、いつも以上に興奮してしまいま…

(49)「ユニコーン」再開の予告が出ました

昨年の『flowers』9月号以来、長らくお休み中だった「ポーの一族 ユニコーン」が今月末発売の5月号からついに再開されます。現在発売中の4月号に予告が載っています。そのイラストがとっても素敵! ユニコーンのメリーゴーランドに乗るエドガーとアラン。何…

(48)『ポーの一族 プレミアムエディション』

このたび萩尾先生のデビュー50周年を記念して小学館より『ポーの一族 プレミアムエディション 上下巻』が刊行されました。刊行が発表された時から宣伝文句がすごかった。 「すべての原稿を再スキャンし最新技術で印刷」「繊細な原画の描線までクリアに再現!…

カテゴリー一覧です[トップに固定]

ご訪問ありがとうございます。このブログをスマホでご覧くださっている方もいらっしゃると思いますが、PCに表示されるカテゴリー一覧がスマホにはないのですよね。そこでカテゴリー一覧を作りました。タップして頂くと、それぞれのカテゴリーの記事一覧に飛…

(47)「3月ウサギが集団で」~この騒々しくも愛すべきヤツら/「ごめんあそばせ!」「ジェニファの恋のお相手は」

1969-73年作品、今回はとにかく楽しい!学園コメディ「3月ウサギが集団で」。『週刊少女コミック』1972年16号に掲載された40ページの作品です。 (『萩尾望都作品集5 3月ウサギが集団で』1995年 小学館より。下も同) まずタイトルの「3月ウサギ」って何?…

記事(32)に追記しました

宝塚「ポーの一族」でエドガー役を演じられた明日海りおさんの東京公演千秋楽でのご挨拶を追記しました。「ポーの一族」への愛がこもったお言葉です。 (32)宝塚「ポーの一族」ライブビューイングを観てきました~原作ファンの初ライビュ - 亜樹の 萩尾望都…